第1回 我が家のたからもの写真展

「我が家のたからもの写真展」は2010年4月にオープンしたクウカホームスタジオの企画として、新聞広告やチラシ、ホームページで募集したところ42組のご家族の応募がありました。
そしてご自宅で日頃大切にされているモノをスタジオに持ってきていただき、ご家族と一緒に楽しみながら撮影いたしました。
メールや携帯電話などで家族のコミュニケーションは日々変わり続けています。
写真展をきっかけに家族が一つのテーマについて話し合い、家族写真を撮影することが家族の関係や思い出を深めていただけるきっかけになればと思い、この写真展を開催する運びとなりました。

家族と一緒に大好きなモノに囲まれての撮影はきっといつもみたいにリラックスできると思います。 このお父さんもあまり写真は得意ではないそうですが相棒のバイクと一緒なので、この表情です!宝物って、実はすごいパワーを秘めているのかもしれませんね。

ご夫婦でスコットランドに滞在されていた頃の思い出の品が宝物というお父さん。 その頃、お腹の中にいたお子さんの可愛い姿をおさめるビデオカメラがお母さんの宝物。 スコットランドは、ご家族にとって大切な大切な思い出の地なのかもしれません。

お子さんが着ているワンピース、実はお母さんが着ておられたもの。 そしてお母さんが着ているワンピースは、なんとおばあちゃんが着ておられたものだそうです。

なんとまぁ大きなおにぎり!! 『食べることが大好きなんです』そう言って美味しそうにおにぎりをほおばるご家族を前に、”やられた〜〜”という思いで撮影させていただきました。 食べることは生きること。 それを何よりの幸せと伝えてくれる一枚です。

これからみんなで釣りに行くというご家族。 その前にちょっと写真でも撮ってもらおうかって感じが何とも嬉しかった撮影でした。 一緒に写っている水筒やバケツも実際に車の中でスタンバッてたもの。

「子どもと奥さんの写真はたくさんあるけど僕が写ってるものはほとんどないんです」 そういうお父さんはきっと多いハズ。 でも、かわいい我が子と大好きなお母さんが笑ってる姿は自分でカメラに収めたい。そこで、どちらも叶えた家族写真ができました。

第2回 我が家のたからもの写真展


第二回目を開催するにあたり、写真を掲載させていただいたご家族の皆様にもお礼を申し上げます。
「我が家のたからもの写真展」は昨年4月にオープンした新スタジオの企画として、6月から新聞広告やチラシ、ホームページで募集したところ64組のご家族の応募がありました。

第3回 我が家のたからもの写真展


八重垣写真館は、おかげさまで創業82年を迎えることができました。
今日までご愛顧いただきました多くの皆様に心からお礼申し上げます。
また第三回目の写真展を開催するにあたり、写真を掲載させていただいたご家族の皆様にもお礼を
申し上げます。
「我が家のたからもの写真展」は2年前にオープンした新スタジオの企画として、6月から新聞広告やチラシ、ホームページで募集したところ63組のご家族の応募がありました。
また今回は詩画作家 sakikoさんと初のコラボレーション「家族写真と詩の出会い」をテーマにした作品も展示しています。

詩画作家 sakikoさんと初のコラボレーション「家族写真と詩の出会い」を
テーマにした作品です。

第4回 我が家のたからもの写真展




「日常の中にある幸せを映し出す」「飾りたくなる家族写真」をテーマにしたスタジオをオープン
して、今年で4年目。

第4回目となる今回は、撮影までに「家族に宛てたメッセージ」(手紙)をスタジオへ送っていただき、スタッフも参加される家族の想いを知り、共有した上で撮影させていただきました。
普段恥ずかしくて言えない“ ことば ” を、見ただけではわからない家族の“ たからもの ”に添えることで、より深く、より強い想いが写真から溢れ出てきたように感じます。

第5回 我が家のたからもの写真展




「日常の中にある幸せを映し出す」「飾りたくなる家族写真」をテーマにしたスタジオをオープン
して、今年で5年目。
第5回目となる今回は、撮影の際に「家族に宛てたメッセージカード」をスタジオへ持参していただき、スタッフもご家族の想いを知り、共有した上で撮影させていただきました。

普段恥ずかしくて言えない“ ことば ” を、見ただけではわからない家族の“ たからもの ”に添える
ことで、より深く、より強い想いが写真から溢れ出てきたように感じます。


我が家のたからもの展メーキングムービーです。どうぞご覧ください。

毎日の中に幸せがある


私たちは毎日たくさんのモノに囲まれながら生活をしています。
そして、モノにはそれぞれ意味や役割があって存在しているのだと思います。
寝る時にいつもそばにいるぬいぐるみ、誕生日におねだりして買ってもらったおもちゃ…
一見何でもないように見える小さなモノにも楽しい思い出やこだわり、夢や希望、大切な人への想いが詰まっています。
それこそが、家族にとって大切な「モノ」= “ たからもの ” ではないでしょうか。
モノたちが幸せを映し出す鏡となり、家族を明るく照らしている...そんな気がします。

社会の最小単位の「家族」が感謝の気持ちを伝え合うことで、もっと日本が元気になると信じています。これからもありのままの自然体の家族を写し続け、「元気になる写真」「幸せになる写真」を作り続けたいと思っています。
この「家族の写真」が参加されたご家族の “ たからもの ” に加えていただけたら幸いです。

八重垣写真館代表 岡垣吉典

※撮影会の参加費用の一部を出雲市内のダウン症の親の会へ寄付いたします。

八重垣写真館は「親子の日」普及活動に参加しています。あたりまえに存在していることの幸せを感謝しながらなんでもない日常の平和が継続して欲しいと願いを込め、私たちは全国の写真仲間と普及活動を続けています。

我が家のたからもの写真展
主催  八重垣写真館 ・ 協賛  詩画作家Sakikoさん ・ 協力  親子の日普及推進委員会